スポンサードリンク

2009年03月06日

初恋の人からながちゃんの友達さんへお手紙が届きました。

ながちゃんの友達、ひさしぶり。
もう旅先で模造刀を買うクセは治りましたか?修学旅行の貴重なおみやげ代を模造刀に注ぎ込んだながちゃんの友達を思い出すと笑ってしまいます。

泣きじゃくる私にながちゃんの友達が「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう10年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、あのころはながちゃんの友達はとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「ながちゃんの友達はどうせ胸さえ大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、ながちゃんの友達は「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、ながちゃんの友達にとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。そうそう、最初のころのながちゃんの友達は「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

私たちが付き合い始めたころ、ながちゃんの友達は「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもながちゃんの友達らしかったですね。

ながちゃんの友達と付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。ながちゃんの友達と別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はそんなながちゃんの友達のことが好きでした。これからもながちゃんの友達らしさを大切に、当時本気でやっていた透視の練習も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ながちゃんの友達が誕生日にくれたキャッチャーミット、使い道がないので捨てていいですか?


なんだか面白いですね☆笑

ここで出来ます。
http://letter.hanihoh.com/

スポンサードリンク



posted by 初恋の人からの手紙 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。